Gold Poker (GPKR)について

GOLD POKERアイキャッチ

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

ゴールドポーカーコインについて書いていこうと思います。
Coinexchangeでトレード可能です。

目次

1.GoldPokerCoinについて

2.通貨の目的

3.感想

4.まとめ

スポンサーリンク



1.GoldPokerCoinについて

正式名:Gold Poker (GPKR)

公式サイト:https://gold-poker.com/

Twitter:https://twitter.com/GoldPokercoin

ホワイトペーパー:https://gold-poker.com/gold_poker_whitepaper.pdf

ビットコインフォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=4611010.0

ジェネシス日:2018年7月頃

発行枚数:162万枚/3,333万3,333枚

種類:独自規格

承認形式:Proof of stake(POS)+マスターノード

承認速度:33秒

特徴:オンラインポーカーの発展に役立つ通貨

2.通貨の目的

最終的には安価な送金手数料と高いセキュリティで
オンラインポーカーに寄与する事を目標としています。
カジノの銘柄はADAなど結構ありますね。

つまりライバルの多い通貨です。

POS+マスターノードというのは最近の海外草コインの流行りです。
特徴としては3の時に報酬が増えるみたいな遊びがあるみたいです。
あっ・・・これ国産コインSandegoで見た奴だ・・・。

ロードマップは今のところ綺麗にクリアしていると言
Stocks.exchangeCoinexchangeに上場をクリア。

2018年のQ4Cryptopia
2019年にQ1ゲーム業界との提携、Q2カジノとの提携
このあたりをクリアできるかがポイントになってくるでしょう。

気になるのは上場目標に
2019Q2にBittrex、Q3Kucoin、Q4Binanceと書いてあります。
Binanceは上場前に漏らした場合上場できなくなるという噂があります。

達成する気のないことをロードマップに記載しているのでは?と疑います。

3.感想

ライバルの多いカジノというジャンルの通貨となります。
その中で価値づけをするには皆が欲しがるような通貨にならないといけません。
現時点では、マスターノード需要で価値がついているのかなというような印象です。

この先はロードマップをちゃんとクリアしていけるかがポイントになると思われます。
正直な所、達成する気のないことを書いている可能性が高いと思います。
そのためかなり警戒をして触る必要がありそうです。

4.まとめ

Cryptopiaまではぶっちゃけお金で上場できるのではないかと思います。
上場したときに、通貨の価値もつられて上がる可能性はありますので
トレードのチャンスはそこにありそうです。

ただプロジェクトとして実態が今のところなく「マスターノード」
の需要で価格を維持している通貨と言えます。
チャートも最初の需要で一時的に価値をあげたものの、その後は下がり調子。
この先も大きなファンダが出ない限りはマスターノード頼りの通貨となります。
運営も初期にプレセールをしているようですがその費用だけで
果たして上場費用を払ったらどれぐらい残っているのか・・・。

というわけで長期で持つことを考えるよりも、
ファンダが出たタイミングで触ることを考える通貨になると思われます。
価格は少し高すぎるかな。枚数が少ないからなんでしょうが、
難易度の簡単な序盤は特に枚数が増えますので
今の時価総額1億円ぐらいをベースに下がっていくんじゃないでしょうか。

最近の海外の草のよくあるパターンの通貨だと思います。
最終的には運営が続かなくなるんじゃないかな・・・。

<取引所はこちらからどうぞ>

Coinexchange

草コイン大好きな人なら登録している取引所 Coinexchangeの登録方法です。メールアドレスさえあれば 高速で登録可能です

STEXexchange

stocks.exchangeという取引所の登録方法です。 かなりの草の扱いがあり、難易度は魔界級です。気を付けてください。