悲しい女子高生の通学物語…ちおちゃんの通学路

本の感想アイキャッチです

こんにちは、毎日瀕死マン@viwashi_です。

今日はkindleコミックちおちゃんの通学路についてのご紹介です。
登校シーンにスコープをあげた珍しい漫画になります。
残念すぎる女子高生の悲しい登校をご覧あれ!

kindleは価格変動が激しいので、必ずリンク先のお値段をご確認いただき
お求めください。

目次
1.ちおちゃんの通学路について

2.感想

3.まとめ

スポンサーリンク



1.ちおちゃんの通学路について

本の詳細

タイトル:ちおちゃんの通学路

作者:川崎 直孝先生

Twitter:https://twitter.com/tadataka_k

掲載誌:コミックフラッパー

巻数:1~9巻(完結済)

紙の本で購入する(AA)

あらすじ

2018年夏にアニメ化された人気漫画です。
アニメから入って気になっている方も多いのではないでしょうか。
主人公の中の下系女子高生である三谷裳ちお(ちおちゃん)が通学をする際に
突飛な行動をとるという漫画でした。

遅刻しそうであれば塀を越えて、道なき道を行き
リア充なお友達に声をかけられれば、
どうふるまっていいかわからず、頭の中で考えたベストな対応を実行します。
間違っていますが。

そんな彼女の日常を微笑ましく見守るギャグ漫画です。

2.感想

特に初期は「通学」という日常をテーマに据えて
中の下残念女子がどうやって危機を回避していくのか。
それを非常に大袈裟に表現している漫画になります。

ちおちゃんの性格が陰キャに設定されていること。
それから、男性脳というか女性部分と男性部分でハイブリッドに
作られているので共感できる男性は多いと思います。

また、女性を描くのは非常にお上手です。
すらっとした軽やかな手足が印象的でした。
下着の描写もありますが、ちおちゃんの下着を見ても何の感情もわきません。
ああ…ちおちゃんね…
世の中には、見れて嬉しい下着
別にうれしくない下着があるんです。

後半は登場人物が増えてきてシチュエーションが広がり、
キャラクター性で押し切られるわけのわからない展開もちらほらでてきます。
9巻という巻数は綺麗にまとめられていると思います。

3.まとめ

ギャグマンガとして、非常に面白いと思います。
FPSゲームとか海外の洋ゲー。そうしたものに見地があると
クスっとくるところもあるでしょう。ブラッディバタフライ!
キャラクターも表情が豊かで可愛いです。
ギャグ漫画の感想は難しいですね。書き過ぎるとネタバレになってしまいますし。
本当に最後は大円団のハッピーエンド。綺麗に終わらせました。
えっ!?まだ続くんじゃないの!?と思いつつ。
これでよかったのかなという感じのいい読後感でした。

たくさん女の子が出てくる日常系
その日常にスパイスをキメてトリッキーな展開を求める人には良い漫画だと思います。
(褒めてるんです)。

読んでいただきありがとうございました。

<関連記事>
2018年600冊以上買って面白かった完結済漫画ベスト10

2018年に完結した漫画のなかで特に面白かったものを ランキング形式で10作品ピックアップしています。 完結済作品は安心して読めるのでおすすめです。