【漫画】異世界おじさん感想ファンタジー作品における異色作は面白い

異世界おじさんアイキャッチ

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

本日ご紹介するのは「異世界おじさん」
アニメを見ていれば1クールに1個は異世界ものがある。
といったぐらいに異世界ブームです。
その異世界ブームも段々と変化してきて、剣になってみたり
温泉になってみたり、子育てをしてみたり、食事をしてみたり。
単純な異世界ものというのは少なくなり異世界+αといった
内容の漫画が増えました

異世界おじさんは異色の異世界ものです。


Amazonのkindleは頻繁に価格が変わるため
必ず購入時は値段の確認をお願いします。

目次

1.異世界おじさんについて

2.感想

3.まとめ

スポンサーリンク



異世界おじさんについて

本の詳細

公式サイト:https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000079010000_68/

作者様:殆ど死んでいる先生

Twitter:https://twitter.com/almostdead2012

掲載誌:コミックウォーカー(KADOKAWA系)

WEB連載ですので公式サイトより読むことができます。
ニコニコ静画でも連載されておられます。

あらすじ

お話は17歳の時に交通事故にあい昏睡状態であった「おじさん」が
目を覚ますところからはじまります。
17年後ようやく目を覚ますとおじさんは言動がおかしくなってしまっていました。
親族は冷たい対応をせざるえなくなっていたのですが、
しかし!昏睡状態の間、異世界「グランバハマル」にいっており
怪物と戦い、人々を救いそしてついに帰ってきたのです!!!
そんなおじさんと甥っ子のたかふみが異世界と現実世界の
カルチャーギャップ、そして17年間を経過してしまった時間差ギャグ
二人が仲良く生きていくそんなほのぼの日常シュールギャグ漫画です。

イキュラスキュオラ・・・

(おじさんは異世界からの帰還者なため魔法が使えます)

感想

今、異世界漫画はたくさんあります。
多くの場合、異世界の中で活躍する主人公を描くのに対して
本作では異世界から帰ってきた主人公が記憶も能力も継続して戻ってきてしまった
という作品になります。
よくある、あれは一瞬の出来事で目を覚ましたら元の世界だった・・・
みたいなお話ではないですし、能力が使えなくなってるなんてのもありません。
むしろそれなら救いがあったのに・・・

17年経ってしまっています。若者もすっかりおじさんです
高校生ぐらいの子が主役の異世界作品が多いので新鮮に感じます。
ある意味でいえばアンチ異世界、異世界作品に一石を投げかけています

おじさんは異世界で得た現実では考えられないようなすごい能力を持っています。
自身が現実世界で失った時間を取り戻すように活躍をするのかといったら

よりにもよって選んだ職業はYoutuber
せっかく魔法使えるのにそれかい!!!
ベロだしてるんじゃないよ!!

17年間なんだかんだたくさんの壮大な戦いをしてきたくせに
おじさんとたかふみの世界はいつも身近な世界です。
そのギャップが面白いです!

SE〇Aってそんな大きい出来事だったのか・・・
自分はSFC→64→PS2だったんですよね・・・。

当時、本当にハマっていた人にとってはめちゃくちゃ笑えると思います。
17年前の自分がいきなり現代にいたら言いそう!みたいなネタのオンパレード。
あの番組が終わるとか当時は思わなかったもんなぁ・・・。

最初はおじさんがひたすら世間とずれて点がクローズアップされるのですが、
血筋の恐ろしいところかたかふみお前もか!!!となり
キャラクターの肉付けが加速していくとまた楽しめそうです。

読みどころ

ギャグ漫画ですので、気楽に読めます。
おじさんは過酷な状況にあった異世界での生活突っ込みどころ満載に語ってくれます。

中でも「ツンデレ」さんは可愛いです。
(表紙になっている女の子です)。
本編はほとんどおじさんとたかふみが画面を占めるので
ページ内の絵の割合でいうと9割はかわいくないんですが
たまに出てくる女の子のキャラクターは大変かわいらしく描かれており
特に異世界内でおじさんとのエピソードが豊富なツンデレさんは
可愛さが爆発しています
可愛さが不足している作中を5割ぐらい可愛くしています
異世界おじさんは現実にはいない異世界のヒロインが作品の灯なのです。
表紙になるほど出演シーンはないのですが・・・。

おじさんのいっていたファンタジー世界の女性のキャラクターはかわいく、
異世界で迫害されていたおじさんとのやり取りにニヤっとさせられました。
(異世界は美男美女ばかりなのでおじさんの容姿だと・・・)。
すでに現実世界に帰還してしまっているため、彼女たちは
おじさんの記憶の中だけで登場するキャラクター達ですが
その後どうなったのかな、なんて考えながら読むのも面白いです。

まとめ

スタート画面に全部のエネルギーが詰まっています
ジャンルとしては出オチなんだと思います。
しかし1巻の間にキャラクターがうまく肉付つつあり、どう料理していくか。
異世界と現実は繋がったりしないのか?
果たしてどうなっていくのか。なんて期待してしまいます。
おすすめしたいのは、17年前に中高生だった世代の方です。
表紙のツンデレさんはかわいいなあ!

Amazonのkindleは頻繁に価格が変わるため
必ず購入時は値段の確認をお願いします。

公式サイト:https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000079010000_68/

(最新話はWEBから読むことが可能です)。

また、殆ど死んでいる先生が元々Twitter上で発表されたものも
まだ残っておられましたので是非そちらもご覧ください。
(その3までありました)。