BCHハードフォーク戦略を考える

BCHハードフォーク戦略

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

もっと前に考えとけよ!直前に考えるなよ、というところなんですが

さてBCHのハードフォークですが
今回自分は現物を持ちでフォークするを選択しました。
以下を検討した結果です。

スポンサーリンク



BCHのハードフォークについて

日時:日本時間11月16日1時頃
この時間帯にスナップショットを取る取引所が多いです。
多くの取引所が送金、入金を止めるため余裕を持ち移動しておきましょう。

BCHはビットコインがサトシナカモト論文のビジョンを実現できなくなっており
それを実現させるためという理由で誕生しました。
ただ今回BitcoinABC(スマコン搭載)とBitcoinSV(satoshi vision)(ビッグブロック)
に分かれるというお話です。

ただし、リプレイプロテクションというチェーンをわける物?
がついていないようでどちらかが分離すると決めるまではハッシュの競争を行うようです。

置く場所に注意が必要

日本の取引所はスナップショットは取るけど付与するかはわからない
という回答が多いようです。

Coinpost
BCH(ビットコインキャッシュ)ハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

https://coinpost.jp/?p=55006

これが現金的な価値がないような通貨ならいいのですが、
今回はおそらくかなりの価値を持ちます。

polobch参考:Poloniex

すでに先物取引が始まっており価格は2:1ぐらいの比率になっています。
国内の取引所にBCHを置いておいてABCの価格がそのまま指示された場合、
いきなり66%ぐらいまで落ちかねないです。
(今は6万円程度ですがABC価格4万円とSV価格2万円にわかれる。
SVの付与は未定ですので、いきなり2万円損してしまうかもしれない!)

日本の場合、仮想通貨はホワイトリストに登録された通貨が取引所に上場しています。
BCHSVとBCHABCどちらかを正規のBCHとしないといけないのではないかと思います。
(両方同時に扱うにはもう片方にもホワイトリストが必要)

今回現物ロングを選択した理由

①国内取引所がABC価格をBCHの正規チェーンの価格とすると表明していること

多少の増減はあると思いますが、フォークをする場合
BCHの価格-ABC-SV=0になるはずです。
(ただし昨年のBTCからBCHがフォークしたときはBCHが高い価値を持ち+になりました)。

すでにSVの価格は3割程度が確保されており、このままBCHがABCの価格となると
今の価格から7割程度になる、大きな下落が発生すると思われます。
恐らく、この事態をよく理解しないまま安くなったと勘違いして買う人
ラッキーパンチ狙いの下に残している板が国内市場は多く発生し
海外のBCH価格と乖離を埋めるための鞘取りの時間が生まれると読みます
フォーク直後にABCを国内で移動すれば若干高値で売れること。
海外もそれに気づくとABCの価格がフォーク後に上がることを想像しました。

※今回はリプレイプロテクションがついていない、そのためチェーンがすぐに分離しません。
しばらくの間BCHの同じチェーンの中にABC派とSV派がいることとなり、その間は
BCHは移動をできなくなります
仮にABCとSVが付与されたとしても取引所の中で売買できるだけになります。

また、上記の理由から国内市場においてはフォーク前に円建てでショートをしておくと
ABC価格になった分の利益は取れると思われます。
→円建てショートができる場所 GMO、DMM

②SVのハッシュレートが高いこと

https://cash.coin.dance/blocks/today

今の時点でCoingeek45.14%、Svpool17.36%、BMGpool9.03%
と、ハッシュレートで見れば71%の過半数がSVを支持しています。

このままいくとBCHの現チェーンはSVのものとなり、
ABCはフォークすることになると思われます。

そうすると、ABCの価格は大きく下がり、SVの価格が上がる可能性が高いと思います。
国内についてはよりショートが有利に、またABCを高く売るチャンスが増えると考えます。

SVは価格的にはABCよりも安いですが、現時点ではABCよりも価値が高いです。

→先物でSVのロングは有利になる?

取れる戦略

①国内においては、ヘッジの意味も含めて円建てでショート
②海外取引所に①と同額の現物を置いてロング
③SVはロング

①、②は実施してフォーク直後に鞘取りをするつもりです。
ただし、リプレイプロテクションがない間、
チェーン間の移動がしばらくできないということで、この鞘は取れない可能性が高いです。
③についてはPoloを持っていないこと、またSV派はおそらく今だから徹底抗戦をしている
のであり、この先は下がる可能性があると踏む(マイニング力を借りてきてるのでは)
ためロングはやめておきます。

という感じで考えています。
SVの高いハッシュが維持されるとSVの価格も上がってきて
結局今のBCHの価格より一時的には+になるんじゃないか?という気もしています。

今回の件は、国内のルールは仮想通貨のハードフォークに対して対応できない
ということが露呈した気がします。
知らずに国内で現物を持っていたら大きすぎる損になりかねないです。
ABCとSVの違いと受け取りたい方はどうすればいいかまで説明しているのは
Liquidだけでした。

仮想通貨の資産は所有者にあり(法的にはグレー)、
フォークで大きな価値の変化が生まれかねない場合は付与するのが自然だと思います。
しかし、どうやって付与をするか?とかカストディアンとして看過できない責任がある以上
ルールの限界がありそうな気がします。

答え合わせが楽しみですね。

※追記
SVが圧倒的な高ハッシュになっています。
どうしたジハン!!
そしてMEXもABC価格になるのであれば最初からMEXでよかったですね・・・。

<関連記事>
Bitbank、BCH入金再開、ア。。。アビトラ

以前書いたBCH戦術の続きと結果についてです。 現在価格差が大きいですが、恐らく数日でこの鞘は埋まります。 そのため、この先数日間、少額で使える手法ということでご理解ください。