仮想通貨とインフルエンサー論

仮想通貨とインフルエンサー

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

今日はインフルエンサーという言葉について書いていこうと思います。
インフルエンサーといえば、そう乃木坂48です!!!!


さて、ボケた所で仮想通貨とインフルエンサーについて考えていきましょう。

スポンサーリンク



インフルエンサーの意味

私は疑問に思ったらまず辞書を引きます。

コトバンク インフルエンサー

・たくさんの人に影響力を与えやすい人
・購買欲にアピールできる人

という感じですかね。Youtuberとかがイメージしやすいです。
化粧品のYoutuberとか面白いですよ!欲しくなりますもの。

仮想通貨とインフルエンサー

今回書こうと思ったのは仮想通貨の界隈が静かになり、
インフルエンサーという人が不在になりつつあるのかなと、思ったためです。

去年の12月、それ以前については
インフルエンサーと定義していい人はたくさんいたのではないかと思います。
特定の銘柄や知識を発信するとそれについてくる人がいました。

マカフィー氏とか。
彼が特定銘柄をツイートすると600件のRT,2000件のイイネ
といった形で非常に多くの人に影響を与えました。
価格面がツイートだけでうなぎのぼり、PUMPする現象がおきました。

これは84万5000人というフォロワーを抱え、大きな会社の経営実績があり
彼が勧める銘柄ならとたくさんの人に強い影響力があったということだと思われます。

マカフィー砲炸裂!次々と仮想通貨をPumpさせる

https://apptimes.net/archives/10538

日本でもたくさんの方がおすすめ銘柄なんてのを出していましたね。

この先はPUMPできるようなインフルエンサーはいなくなる

Youtuberを例にとって通常のインフルエンサーに考えてみます。
例えばおすすめの文具があったとします。
影響を受けた人はその文具を購入します。
影響を受けた人はその文具に満足をします

文具に不満を抱いた人はその人が紹介する文具はもう買わないかもしれません。
満足した人は他の人に勧めるでしょう。

インフルエンサーは一定の成果(満足)を出し続ける必要があります。
文具であれば自身で確認しレビューすればある程度の品質は確保できるでしょう。
一定の満足を産むのはそんなに難しくないと思われます。

さて、仮想通貨はどうでしょう?

おすすめの仮想通貨があります。
影響を受けた人はその仮想通貨を購入します。
金銭面で見た場合仮想通貨は買って得をした人と損をした人が出ます

これは絶対です。
仮想通貨、通常のFXはゼロサムゲーム(取引所分除く)
アルトコイントレードは特にマイナスサムゲームです

全員が得をするは絶対にありえません。

通常のFXは参加者全員でお金の取り合いをします。
全体で見た場合+-はほぼ0で、場所を提供している取引所の手数料が発生します。
ゼロサムゲーム、若干のマイナスサムゲームです。

アルトコイントレードはマイナスサムゲームである

アルトコインは絶対に売り厚が発生します。

まず、FX同様、取引所の手数料
運営がいるアルトコインの場合は
開発費を集めるために現金化をする必要がある可能性があり
最初からそれが市場から抜けるお金になります
マイニングもマイニング費用確保のため売り厚が産まれます。
(これはビットコインの現物売買も同様ですね)。

市場の拡大がない場合、期待値はかなりマイナスよりだと思われます。

結局は需給の関係であり、後発の人に売ることができなければ
金銭面は絶対についてきません。

つまり、インフルエンサーは結果を出し続けることは不可能です。
勝負機会を最小限にして、少ない人に対してだけとかならありえるかな・・・。
市場の状態を俯瞰できる人であることも必要でしょう。

去年に関しては市場が長期間拡大していたため、インフルエンサーが多く誕生しました。
仮想通貨のインフルエンサーが影響力を維持するには市場拡大が条件になります。
同時に影響を与える人が多くなると損をする人も増えて、影響力を失いだします。

仮想通貨のプレイヤーもバブルを経験し賢くなったので一定価格で利確するでしょうし。
今後ビットコインは時間をかけずに無限上昇することはないでしょう。
そのため、価格面で結果を出せるインフルエンサーは限りなく減っていくと思われます。

損をする人がいるジャンルのインフルエンサーは相性が悪いんです。

どんな人がインフルエンサーとして求められていくか

ゼロサムゲーム、マイナスサムゲームで金銭面の結果を全員に出していくのは不可能です。
金銭面から視点を変えて仮想通貨で満足を産んでいく必要があるのではないかと思われます。

一つはサービスの利用
仮想通貨は特定サービスで利用できる物が多くあります。
お金が儲からなくてもそのサービスに満足出来れば影響を受けた人は満足します。

二つ目は知識やコミュニティ、手段(投資方法)です。
仮想通貨のシステムや使い方、投資に向かうための心構えやトレード手法
これは結果に寄らず、本人に一定の満足感を生みます。
コミュニティも優良コミュニティに所属することが出来れば本人も満足するでしょう。
こうした物を提供する人はインフルエンサーになれる可能性があると思われます。

ただ、今の仮想通貨とツイッターを見ていると皆が求めている情報って
「儲かる情報」に直結している物になるでしょう。
インフルエンサーが仮想通貨の中で力を持つのは時間がかかるんじゃないでしょうかね。
皆が金額面以外を見れるようになるまで。

仮想通貨で見かけるインフルエンサーは
心の中では「有名人」ぐらいに変えておくのが無難かと。

●ほかにも初心者向け記事や日記のカテゴリに色んな記事があります!
是非、読んでいただけると嬉しいです

カテゴリ:初心者向けでチェック