嫌儲トークンKenmotokenは買うな!!

kenmotoken

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

買うな!というタイトルにしました!
あまり買う人はいないと思いますが、話がおかしいので
注意喚起の意味で記事を書いていきます。

1.Kenmotokenについて

2.通貨の目的

3.感想※5ちゃんねる ニュース速報(嫌儲)について

4.まとめ

スポンサーリンク



1.Kenmotokenについて

正式名:kenmotoken(嫌儲トークン)

公式サイト:https://www.kenmotoken.com/
(2018年11月20日ホームページはドメイン切れ)

Twitter:https://twitter.com/kenmotoken?lang=en

ホワイトペーパー:今のところなし

ビットコインフォーラム:今のところなし

ジェネシス日:2018年7月頃

発行枚数:1000億枚(11月に80%BURN?)

種類:wavestoken

特徴:5ちゃんねる嫌儲の有志が作ったとされる通貨
   ※私はよく見ますが、この通貨を作っているという話を一度も見たことがありません。

2.通貨の目的

政治献金を目的としているそうです。
5ちゃんねるのニュース速報(嫌儲)板で政治は非常に違和感があります。

3.感想

さて、匿名電子掲示板サイト5ちゃんねるのニュース速報(嫌儲)の有志が作ったとされますが
私はこのニュース速報(嫌儲)のヘビーユーザーですがこの話を見たことはありません。
そのためこれは嘘、もしくは本当にごく一部の有志のユーザーであると思われます。

嫌儲の歴史ですが、
5ちゃんねるには、ニュース速報という板があります。

参考:ニュース (2ちゃんねるカテゴリ)(Wikipedia)

割と初期のころからある非常にユーザーが多い、人気のある板でした。
(もともとは名称が違うようです)。
ところが、ニュースを話題にする板であるにもかかわらず雑談が非常に増えてきました。
雑談をするためにニュースのタイトルで偽装したスレを建てることが人気がでたり、
ニュースの板としての体裁が保ちづらくなっていました。
本来の意図と違う、ルールを守れない人が多い、アクセス規制なども多発しました。
ということで雑談をしたい人達の需要に応えるために
2004年6月ニュース速報(VIP)が作られました。

参考:ニュー速VIP(Wikipedia)

これで雑談をしたい人はここに隔離されました。
当時はハルヒやらきすたなんてアニメブームと合わさり非常に人気がでて、
5ちゃんねる最大の板となりました。仮想通貨VIPSのルーツでもあります。

人気に合わせるかのようにアフィリエイト収入を目的とした「まとめサイト」が
VIPの書き込みを転載して大きな利益をあげはじめました。
5ちゃんねる側の書き込みに関する利用規約の改定とか、特定、炎上等様々なことを経て
こうした他者の書き込みだけで転載するような儲け方をする人が嫌な「嫌儲」
という考えた方をする人達向けの板ニュース速報(嫌儲)が2007年にできました。

参考:ニュース速報(嫌儲)(wikipedia)
(政治的には特定支持政党を持たないフラットな板です)。

長くなってしまいました。
今回スレッド(板に対して話題を提供する)が
ニュース速報とニュース速報(嫌儲)にたっていました。
ミクロな話でこっそり掛け持ちをされている人もいると思いますが
この二つはそれぞれ別のグループであり残念ながら住人は仲が非常に悪いです。
知っているならばニュー速にたてることはありえません
今回この通貨を作った人たちは5ちゃんねるについての知識は無いと考えます。

通貨に対する考えとしては

政治献金をテーマにしていますが、政治献金と仮想通貨の相性は非常に悪いです
一つは外国人からの献金が禁止されています。
仮想通貨で献金を受けたとしても現金化をする必要があり、
現金にしないでいいような通貨ならともかくWavestoken→bitcoin→フィアット
DEX取引所を経由することになりこの流れは色々な解釈ができそうです。
また、献金を受け取るにしても「誰から受け取ったのか」は重要な情報です。
これをどう処理するのか。
そうしたことを考えると現状の仮想通貨を日本の政治献金で利用するのは不可能でしょう。
海外では対応している事例もあります、日本でも将来対応してくる可能性はあります。

ロードマップの2018年の12月に「政党と提携開始」とかかれておりますが、
これも難しいでしょう。
また④2019年寄付ができるアプリをリリース、⑤2019~2020 時価総額500億円を目指す、⑥2020年KENMOTOKEN派の政治家を送る
全体的に疑問です。なにより、

このプロジェクトは現金の方が圧倒的に効率がいいです

仮想通貨で寄付を取り扱う場合は、今まで寄付に興味がなかった層からのアクセスとか、
直接できる(中間マージンの削減)とかがメリットになります。
新興国だとその国の通貨以外にドルを得られる選択肢になったりもするので
仮想通貨の寄付に合理性が産まれる可能性はあります。

日本の政治家相手だと日本円以外求めていないので日本円で直接の寄付がベストになります。
仮想通貨を経由すると圧倒的なコスト高になってしまいます。
あえて言えば、口座を持たないで寄付できる点はメリットですね。

通貨のスペックの紹介で
Wavestokenとイーサリアムのトークンを比較して売りにしているのを始めてみました。
売りになる物だったんですね。

あと私の認識違いかもしれないのですがCoinexchangeはWavestokenは上場出来ない
と聞いたことがあるのですが、できるのかなぁ。

※2018年10月6日追記
コメントにて他の通貨の運営者がCoinexchangeへWavesTokenの
上場の依頼をして断られたという情報を頂きました。
(情報ありがとうございます)。

4.まとめ

断定はできませんが、かなり怪しいプロジェクトだと思っています。
そのため買うな。としています。
日本を少し知っている程度の人達じゃないかな。

お金はとても大切な物です。是非いい使い方をしましょう。

※2018年10月6日
またスレッドがたっており、エアドロをしようとしている感じでした。
対価無しで貰う分にはタダなのでなんでも良いと思います。

※2018年10月22日
Twitterは10月9日を最後に更新されていません。
ロードマップ中の10月中のHOTBIT上場がどうなるかで見極めるのがよいかと思います。
Wavesの取引所も恐らく「9dM34pvFkjccrxJ9zDyYPEqw81zzadFN4LwZqkjEFR69」
※コントラクトアドレスが公表されていないので販売されている枚数からの推測です。
恐らく、売買は成立しておらず、運営側の販売もできていなそうです。

※2018年11月20日
上場はできておらず、やはりスキャム濃厚でしょう。
11月8日に謎のXLMの英語ツイートをされていました
(リスクがあるかもしれないため私はアクセスしませんでした)。
海外系の仕掛けだったのかもしれません。
気をつけましょう。

<PR>

当ブログのおすすめの取引所はこちらです

『嫌儲トークンKenmotokenは買うな!!』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2018/10/06(土) 01:35:46 ID:39bea2209 返信

    coinexchangeはwaves無理ですよ
    既にほかの運営が問い合わせてました
    恐らく詐欺コインのニュー速コインnsokと同じ人物が作ったんじゃないですかね?

    • 名前:mainichihinshi 投稿日:2018/10/07(日) 00:01:27 ID:42a5787e7 返信

      コメントありがとうございます。
      記事更新の際に一部追記をさせて頂きました。
      私も運営者の顔が見えないまま進んでいくのがNsokっぽいなという印象は受けました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。