1億円月に行くならお年玉ZOZOTOWN前澤社長は本気か考えてみる

ゾゾタウン前澤社長

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

ZOZOTOWN前澤友作社長はすっかり時の顔というか
時代のシンボルティックな行動をされるようになりましたね。

有名女優剛力彩芽さんとの交際やジェット機の購入。
月旅行への予定や芸術品のコレクターでもあり、
ストラディヴァリウスを購入されたりもありました。
ご自身のお仕事の分野では家に居ながら計測のできるZOZOスーツの開発等新しいことにも
積極的にも取り組まれています。
2018年で一気にお名前を知った方も多かったのではないでしょうか。

さて、そんな前澤社長ですが、今回また世間を巻き込むビッグなことをされていますね。

目次

1.今回の出来事について(月に行くならお年玉)

2.実際に配るのか?怪しいのでは?考えてみる。

3.費用対効果がすごいのでは

4.まとめ

スポンサーリンク



1.今回の出来事について(月に行くならお年玉)

 該当のツイート


内容はZOZOTOWNが史上最速でセールの取扱高が100億円をあげたということで、
個人のポケットマネーから100人100万円(総額1億円のお年玉)をプレゼント。
というものです。
今回参加する条件についてもフォロー&RTのみであり、参加の敷居は低めです。
そのため当初は期待値は若干高いかなと思っていたもの、あっというまに
参加者が増えてしまい、すでに宝くじの方が高確率な状態です。

実際の確率はどの程度か

わかりませんが、すでに250万人以上が応募しているため、確率は極めて低いと思われます。
超簡単に計算しても2.5万分の1です。
鳥取県の県民が56万人なので全員が応募していたとして20人ぐらいかと思われます。
まだ時間があるので、さらに確率は難しくなると考えます。

ただし、前提の条件が今のところRTとフォローのみですので
捨てアカウント(普段は利用されていないアカウント)や、複垢等も多数あると思われます
仮に配る際に選定されるようなタイミングがあるとしたら、こうしたアカウントは省かれる
かもしれません。(例えばフォロワー100人以下は除くとかでフィルターをかけるとか)。

この辺の条件については明示されていませんが、抽選で配るともおっしゃっていないので
前澤社長側の神の手は加わるんじゃないかと思った方がよいと思います。
(当選確率を上げる手段としては不愉快になるであろうことは言わないでおくとか。笑)

2.実際に配るのか?怪しいのでは?考えてみる。

今回、私はすでに費用対効果が安いレベルまできているのではと思っており、
資産と現在の出ている効果の面から考えてみます。

前澤社長の資産を考えてみる

まず、前澤社長はスタートゥデイの株を41%持っているといわれています。

Kabutan
【5%】スタートトゥについて、前澤友作氏は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.18]

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201807200513

株数が 139,518,800口なので現在の株価(下がっています)
1888円× 139,518,8002634億円だそうです。

もちろんこれは株ですのですぐに売却したりなどはできませんが、
毎年配当を受けています。
2019年3月で中間と併せて予定が36円ということで、
今年も50億円ぐらいは配当で貰えることになるのでしょう。

もう一つヒントがあって納税額ですね。


ご自身のツイートからですが、70億円の納税額があるとすると
収入は140億円とかなのかな?
(所得税を参考に単純に倍にして考えています)。
そうすると1億円や100万円という金額は個人から見ると途方もないですが、
前澤社長の資産からすると収入の1%程度
我々の感覚で3~5万円と仮定すると旅行にいくぐらいの金額ですかね…。

3.費用対効果がすごいのでは

Twitterのフォロワーの効果

今回Twitterのフォロワー数の増加がえげつないです。
当初、50万人程度だったフォロワー数はすでに300万人
まだ1日ありますので、350万ぐらいは増えかねないんじゃないでしょうか。

ここで、他の方のフォロワー数を比較してみましょう。

ソフトバンクの
孫正義社長で241万人

IT系企業ということで似た方がフォローしてそうな
堀江貴文さんが323万人

日本の総理大臣
安倍晋三首相で119万人

Twitter開始時におすすめユーザーとして紹介されやすい
きゃりーぱみゅぱみゅさんで526万人
同じく最初に候補として出てきやすい
デーブスペクターさんで175万人

ちなみに日本で一番フォロワーが多いのは同じくお勧めユーザーとして紹介されやすい
有吉弘行さんで703万人です。

meyouランキングを見ていると今の時点で前澤社長は15位にはいりました。
10位圏内も射程内でしょうし、
業界として近いのは堀江貴文さんさえ抜けばIT企業、財界で一位のTwitterフォロワー数を
持つという肩書も手に入ります。

1億円のCMを打ったとしても同じことは起きない

今回一番感じたのがテレビCMなどの広告に同じ費用をかけても
同じことは起きないという点だと思います。
前澤社長のTwitterで前澤社長のポケットマネーでとおひとりの力で完結していますが、
250万人以上にアクセスできています

たかがTwitterのフォローと言えども、フォローというのは興味を持った相手にすることで
テレビCMよりも1歩進んだ状態です
(テレビCMは興味を持ってもらう前に興味を持ってくださいと紹介するためのものです)。

この状態であれば自分の紹介したいものを紹介し放題になります。
前澤社長は売り物もたくさん持っていますので、うまくシナジーを発生させることも
可能かもしれません。
今回はニュースサイトにも取り上げられており、国民の多くはこのイベントと同時に
社名を再び耳にしたでしょう。

さらに配る予定の100万円の100人にもストーリーが発生するので
そちらからもTwitterを介して効果が生まれる可能性があります。
広告費の未来が変わるのではと感じました。
戦略としてここまで考えてたら凄いですけど…はたして…。

4.まとめ

すでに応募者が過熱しており、当選確率は非常にシビアな状態です。
ただ、前澤社長の資産的には実行しても問題ないことがわかりました。
また、今回のイベントを開催した費用対効果というのは多分1億円以上の価値があります
そして、広告代理店といったものを経由せずとも生み出せてしまうというのは
この先の社会が変わっていくことが見えているんじゃないかと感じました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。