それは突然、運命の相手が、遺伝子で100%最良の相手とマッチング

本の感想アイキャッチです

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

今日は少し前の本(2011年頃)ですが
それは突然、運命の相手が
という漫画のご紹介です。

目次(各詳細に飛ぶことが可能です)。

1.それは突然、運命の相手がについて

2.感想

3.各エピソードについて

4.まとめて

この記事は大いにネタバレを含みます
ご注意ください

スポンサーリンク



1.それは突然、運命の相手がについて

本の詳細

タイトル:それは突然、運命の相手が

作者:ヒロモトヒロキ先生

Twitter:https://twitter.com/hiromotohiroki

掲載誌:月間電撃大王

巻数:1~4巻(完結済)

あらすじ

遺伝子的に最高の後継者を誕生させるカップルをコンピューターが選択し、
両者が共に14歳以上となったときに連絡が来る日本を舞台にした
ラブコメオムニバス。

様々なカップルがマッチングを機に恋愛を開始する。

2.感想

例によってのディストピアな遺伝子至上主義な日本が舞台になっている漫画となります。
子供もSSS級といった期待値がランク付けがされており、
等級外の人間にとっては非常に生きづらそうです。
ただ、これは漫画のラブコメ部分を描くための導入、前提部分であり
本編においてはそんなに大きな要素とはなりません
基本的にはそれぞれのカップルが出会いから障害を乗り越えて付き合っていく
ニヤニヤするのが主となります。

ヒロモトヒロキ先生の描く女の子は可愛いです。
細やかな人間っぽい絵というよりは、アニメ的な感じのキャラクターです。
絵柄や、キャラクターにニマニマできるところがいいと思います。

3.各エピソードについて

Case1 貞永優一×貞永真奈美

会ってみたら、なんと妹・・・
といきなり実妹が出てくる超展開からスタートします。

ちょ、待てよ・・・

漫画「神のみぞ知るセカイ」の桂木桂馬はいいました。
妹キャラクターに必要な条件は

・Blood(血縁)
・Memory(二人の思い出)
・Wonichanmoe(ヲ兄ちゃん萌え)

「妹の品質示すエンブレムBMW。」

なるほど・・・ね。

というわけで、優一と素直になれない真奈美が
血縁や、記憶といった壁を乗り越えていくといったお話になります。

実の兄妹というと有名どころは古いものだとママレード・ボーイとか

最近の物だとヨスガノソラとかでしょうか。

前者はともかく、後者は色々ガチです。

今回の話は血縁部分は重くならないため、
ツンデレな妹が段々と心を開いていくような展開になります。真奈美カワイイ
1巻の巻末にはおまけ漫画が収録されていて二人のその後が描かれます。

Case2 神谷潤×前田麻衣

普通の高校生神谷潤と学校で一目おかれる一つ上の美少女小説家前田麻衣の話。
二人には学校にも麻衣の弟にも内緒で実はマッチングをしていて・・・。
秘めた関係で進める恋愛、そして学校の反対の壁を越えていくといった内容になります。
あまり自分は学生とか小説家にピンとこないかなぁと思いながら読みました。
2巻の巻末には小説家としてヤバイ方向にいっている麻衣が描かれます。

Case3 森川修之×斎藤みゆき

ゲーム好きのカップル修之とみゆきのお話。
オンラインゲームで元々会っておりお互いの性別も顔も知らなかった。
カップリングでは意気投合・・・うまくやっていきますが
ゲーム上の二人はまだ気づいていなくて・・・。みたいなお話です。
現実とゲームの壁を乗り越えていく感じかな。
女の子もゲームが大好きで趣味も一緒でって今どきの理想っぽい
みゆきがゲームに加熱して野球拳をやりだしたりほんわかするエピソードが多いです。
乳首券が切られています

Case4 能見たくや×能見詩織

名字は同じですが、今回は従妹同士です。
パティシエを目指すたくやと大胆不敵な詩織のお話。
Case1の真奈美の時は家族の反対は描かれませんでしたが、
作中は両家が旅館と、旅館を離れてレストランを経営している家
ということでバチバチぶつかっている状態でした。
両家をつなげるために二人は駆け落ちをすることに。
イチャラブ展開が多いかな。
巻末には二人のその後とプリンの秘密が。

4.まとめて

オムニバスなので話は結構波がありますが、
基本は二人が出会って困難を乗り越えて仲を深めていくといった内容になります。
共通するのは絵柄がとてもかわいいところです。
女性の髪形に拘りを感じます
絵柄やラブコメ設定に惹かれたら是非読んでみてください。

恋と嘘と遺伝子の情報を含めて国家によってカップリング相手が決まる
というところは同じですが、恋と嘘が選択を迫られるのに比べると
イチャラブ、コメディが中心となりますので、安心して読めます。

最近の漫画はアシさんをたくさん使ってとにかく細かくって漫画も増えたのですが
ヒロモト先生の画風は新世代のアニメチックな可愛い絵柄だったので
今時っぽいなと思ったのを記憶しています。
ニコニコとかPixivとかっぽさというか・・・。

また是非漫画を出してほしいなと思って実は待っています。