無職はブログ書こう!いいリズムが生まれてます!

無職とブログの相性がよすぎる

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

毎日毎日、ブログを投稿してすみません。
私が今時間があるというのはあるのですが
ブログを書くのはとても楽しいです。

元々色々ブログを書いていたのですが、書きたいことがたくさんあるなーと思っています。

1.たくさんの人が見てくれる

2.自分にとっても勉強になる(新しい知識を得られる)

3.おすすめした物を買ってくれる人がいる

4.無職にとってはここがいい!

5.そういうわけでまとめます

スポンサーリンク



1.たくさんの人が見てくれる

想像以上にたくさんの人が記事を見てくれます。
恐らく多くの人が一度目を通して
なんだこれ!時間の無駄!

と、思っていくのかもしれませんが
もしかするとタメになっている人もいるんじゃないでしょうか。

今は、個人の発信の時代です。
私がそれを一番感じたのはツイキャスという動画配信サービスでした。
リアルタイムの動画配信サービスで、
配信者と閲覧者がコメントで会話をすることが可能です。
このサービスでは有名な方だと1万人とか見てくれる人がいます
1万人もいると、本来の会話ができるというメリットは成立しなくなります。
閲覧する人々はその放送をするキャス主と会話を期待していません。
コメントを読まれた―とか、その人がしゃべってる内容が面白い~とか。
バラエティー番組を見るかのように楽しみます。

ツイキャスは双方向(配信者とコメントをやりとりできる)メディアですが
人気すぎる方についてはテレビと同じ一方通行なメディアとして
感想をコメント欄で共有して楽しんでいるんですね。

日本の人口は1億人。
テレビCMを流して1%の人が見てくれるとしたら100万人です。
仮に、このCMに1000万円払っていたとします。
そうすると1万人にアクセスできる配信者は
テレビに比べて10万円を払うぐらいの価値はあるんだろうな
と思いました。

実際はいくらか知りませんし、アプローチできる時間も違います・
そのため金額的には全く別の数字になると思います。
ですがテレビの1%の影響を持つ個人がいるというのが今です。

そしたら時間があるなら発信者側にいたくないですか?

私はそんな感じで、ツイキャスとかニコニコとかYoutubeとか
いろいろやっています笑!弱小ですが!

2.自分にとっても勉強になる(新しい知識を得られる)

最近は、SEOについてよく勉強しています。
ブログ書き始めて300記事以上書きながら何言ってるんだというところですが
難しいですね、気づいたり考えたりすることが多いです。

このブログの構成も毎日体験したこと、知ったことを
自分の意見を交えてアウトプットしていくという形をとっています。

本当に些細などうしようもない記事もあると思うのですが、
時間ができればなるべくパソコンの前に座り文字を起こしていくようにしています。
ターゲットの人に+になる形で届けばいいなぐらいの気持ちです。
私個人の意見というのは価値が限りなく低いとしても0価値ではないと思っています。

ブログネタのために普段一人ではしないような珍しいことをしてみよう!
とも思えますので、それも含めてよいかなと思っています。
時間があるときは新しい経験や知識を得るチャンスです。
その時にきっかけがあるってありがたいです。

ブログはもう少し文章や、語彙を綺麗にかけるようになればいいんですけどね~。

3.おすすめした物を買ってくれる人がいる

私が、記事にしたものを買ってくれる人がたまにいらっしゃいます。
これは新鮮ですよ。今までいなかったのです笑
漫画系の記事をあまり書いていなかったのもあるのですが。

私はブログで発信する立場にあります。
とにかく、発信発信!と情報発信に努めています。
基本的に見てくれる方は感想を見てくれる方の中で消化されますので
私に対するレスポンスはほとんどありません。
ですが、自分のおすすめしたものを買ってくれる人がいると
レスポンスはなくても面白いと思ってくれたのかなとか考えてとても嬉しくなります。
(作者の方にも貢献できているということです!)。

また、アフィリエイトやアドセンスにより微弱ながら金銭的な収入も生まれます。
マネタイズをすることは社会の経済活動に寄与する事であり
無職にとっても社会にとってもいいことだと考えています。
WINWINなんですよね。

無職こそ、消費者ではなく生産者に回るべきです。

4.無職にとってはここがいい!

1,2,3も全部いいのですが、
無職は社会から孤立しがちです。
仕事をしようと思っても、会社であれば会社が仕事を取ってきてくれますが
無職は自分で仕事を探さなければならなくてとてもそれは敷居が高いです。

そんな中で、一人で運営できるブログやその他メディアへの発信はとても良いと思います。
もちろん、こうしたWEB系の運営で食べていけるようになるための、
難易度はすさまじく高く、専業でやるんだ!というのはお勧めしないのですが。
自分が何かできることが増えるととってもいいと思うのです。

ファン(友達)を作りましょう。
ツイキャスやニコニコ動画で自分は仲良くなった人がいます。
5年ぐらい奇妙な縁が続いていてありがたいなと思っています。
社会に馴染めなくても距離があったとしても、手の届くところにいることが
無職にとってはいいのかなと思っています。

5.そういうわけでまとめます

無職にとっては
たくさんの人が見てくれる、社会をかかわるきっかけができる。
少ないながら収入ができる。
友達やファンができる可能性がある。
インターネットで個人が発信者として影響を持てる時代になっている
一人でできるものとしてブログは楽しい。
働いたって兼業になってもいい、今やっておけば将来生きる可能性がある。

時間は有限です、
打席に立てば、チャンスが生まれる可能性はあります。
楽しんでそれができれば最高かなって思います笑