BKKについて調べたこと

BKKアイキャッチ

こんにちは、毎日瀕死マン@viwashi_です。

2018年7月1日の追記です。
返還してみた所BKEX→BKKは4000BKEXで10BKKでした!
600円相当ですかね・・・。
特にあれなのでしばらく放置してみます!

2018年7月3日の追記です。
10BKKで0.11USDTでしたね。
600円程度なので11円ぐらいだとすると日2%ぐらいなので美味しいは美味しいです。

2018年6月25日の追記です。
BKEXのパスワード流出疑惑がでています。
必ず変更してください。
安全を歌う取引所でしょっぱな・・・(察

話題の通貨BKKについて調べたことをまとめます。

BKEXは海外取引所となります。
国内の仮想通貨交換業を取得しておらず、高いリスクを伴います。
ご理解の上、ご登録ください。
(特に新興の取引所は作ったといってすぐドロンもありえます)。

1.BKEXについて
2.BKKについて
3.まとめ

※中国語が読めないため実際は多少違う可能性がございます。
不安な所とか疑問に思った所は自分の目で見てね!

1.BKEXについて

今の安全とか快適が不足している取引所を改善するために作るという発想。
よくある触れ込みなのでスルーしました。
すでにサーバーが落ちまくってます。
色々歌うのですが処理しきれてない現状があると思います。

2.BKKについて

正式名:BKK

公式サイト:https://www.bkex.com/#/

ホワイトペーパー:BKEX-白皮书.pdf

ジェネシス日:2018年6月頃

発行枚数:30億枚

種類:ERC20

特徴:取引所の手数料を配当

最初の90日は日に5873225枚ずつ増えていきます。
90日ごとに20%ずつ発行枚数が減っていき16ターン(4年間)で30億枚
発行完了になります。

BKK増加率

初年度が16億枚(増加数)、2年目が7億8288万枚(増加数)
といった形で毎年希釈されていくタイプの通貨になります。
仮に未来へ期待できる通貨ならば最初にどれだけ握れるかは大事そうです。

2、挖矿机制BKK根据用户的交易贡献量占平台的总交易量比例分配。
A.“矿工”获得40%的BKK奖励。
B.推荐人可获得10%BKK奖励。(推荐人:“矿工”B在注册时若使用了用户A的邀请链接,则A
为B的推荐人,B产生交易,A将获得对应10%的BKK奖励)。
C.社区合伙人获得5%BKK奖励。
D.平台获得10%BKK奖励(用于市场推广活动,剩余冻结)。
E.Bkex交易平台分得35%BKK奖励作为平台运维费用。
平台每天会统计当日中午12:00:00至次日11:59:59之间的交易数据,
于次日按照统计数据发放新发行的BKK至用户账户。

一部のサイトで報酬が取引フィーの100%還元と書かれていますが
配当として配るわけではありません。
毎日増えていくBKKはこんな感じで配られます。

トレードするマイナーの報酬40%
招待したユーザーの手数料 10%
コミュニティ    5%
プロモーション費用 10%
保守費用      35%

なので手数料100%をBKKの所有者への還元というのは
実際には運営が45%程度は抜く感じになると思います。
BKK所有者が貰えるのは50%ぐらいじゃないかな

BKK推荐奖励数不能超过本人当天持有BKK数量的2倍

これは自分の招待手数料は自分のその日の保有数の2倍を越えないという話なのかなぁ~
手数料マイナーは
悪意のある注文やBOT対策で
全体で2億4000万USDT以上、アカウントごとも25万USDT以上でBKKの発行は止まります。
このどっちかにひっかかってその日の分が終了します。
BKKが貰えないとなるとその後は取引も控えめになる可能性がありますね。

潜在的なSTOPラインになるかもしれません。

時間的には

BKEX交易平台每日11:59:59对BKK
持有者的余额进行快照,每日平台收益
的100%将按照BKK持有比例分配给BKK持有者
毎日11:59にスナップショット、配分っぽいですね。
FTもそうなのですが24時間に1回だとその間はホールドしない人が増えるので
値動きがある時間帯になる可能性があります。
買う人は意識して下さい。
その時間だけ持っておけばいいので、その時間の後に売られやすくなります。
ちなみにどこの国の時間かはわかりません。
たぶん現地の時間なんだろうなぁ
由于当日挖取的BKK将于第二天到账,
故用户当日可分红BKK=快照数据+当日挖取BKK,分红将于次日以
USDT形式发放,请特别注意,需每天登录平台领取分红,
否则当天分红将回收。
分红公式:持币用户分红收入=待分红收入*个人BKK持有数量/BKK已发行数量
配当はUSDT支払い
BKK払いじゃないんですね
システムとしてはトレードした人は手数料を支払って代わりにBKKを貰える。
(これが手数料マイニングシステム)
BKK所有者が貰える配当はUSDTなのでもっと量が欲しければそのUSDTでBKKを買わなければならない。
(BKKの総量は増えていくので買って増やさないと全体に占める割合が減っていってしまう)
需要がある、値上がりしやすいシステムだと言えると思います。
価格的には年利10%程度が意識されてそこらへんまでは上がってもおかしくないんじゃないでしょうか。
利率は取引所の出来高次第ですので、それ次第でしょう。

3.まとめ
手数料の50%程度とぶっとんだ案件ですね。
話題になってますし恐らく最初はブーストして飛んでくでしょう。
問題はそれに見合った出来高がついてくるのか。BKKを貰える1日の出来高に上限があるのでその辺で
抑えられるんじゃないかなって気がします。あとは取引所としてサーバーダウンははっきりいってよろしくないですね。
日本の取引所は人のこと言えないけどさwww
お金を入れておくにはちょっと怖いかなと思い様子見です・・・。取引所トークンの高配当システムは上がるのは間違いないと思うんです。
ただ、無からの生成なので取引所がぶっ倒れるリスクとか、持ち逃げされるリスクとか
そういったリスクが今まで以上に高いように思います。金銭的価値の根拠も出来高によるですから買いが続かない時のイナゴタワーの倒壊は
かなり悲惨なことになると思いますし。
入るにしても必ず早期に原資は抜いた方がいいです。

<取引所への登録方法はこちら>

話題の取引所BKEXの登録方法です。 新興の取引所ですので、セキュリティリスクや予期せぬシステムエラー等考えられます。 大金をいれるよりは防御力高めで挑むことをおすすめいたします。
スポンサーリンク