ゲーム実況におけるコツ、Youtuber戦略について考えてみる

ゲーム実況難易度高すぎる

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

Youtubeに動画投稿を始めました。
その中で感じているゲーム実況において求められることを
言語化、意識するためコツや考え方をまとめていきます。

目次

1.チャンネル登録者は増えるのか

2.ゲーム実況に求められること

3.検索エンジン対策の最適化を考える

4.確実にアクセスを稼げる方法を考えてみる

5.まとめ

スポンサーリンク



1.チャンネル登録者は増えるのか

20個ほどの動画投稿をしましたが、増えません。
私の作るもののクオリティーがかなり低いのもありますが、
Youtubeの仕様自体にかなり難易度は高いと感じました。
以下の点です。

視聴者の時間は限られている

人間の時間は24時間しかありません。
これはあらゆる人に共通しており、今は見る人の時間の奪い合いにも突入しています。

クオリティーの高いプロフェッショナルが多くいる

全てのジャンルにかなりの動画専門のプロがいます。
特にゲームでは上位の方に再生が集中しています。
つまり…この人たちに勝たなければいけないというハードルが凄まじく高い。

Youtubeからの検索流入は限られる

基本的に人気の動画高評価の動画がおすすめされやすい仕様かな?
と感じています。
Youtubeの場合、Googleの検索よりさらに表示される件数が限られます。
そのためすごく少ない上位の動画が表示されて、その中に閲覧者が集中します
文字の場合は10件ぐらいは表示される、人が俯瞰してみて次にいくということが
できますが、動画の場合は1日数個見るのが限界ですので人が消化できる数にも限界があります。

Youtubeの検索エンジンに対して差別化できる場所も少なく

①ゲームのタイトル
②タイトル+αの数文字
③配信者

ぐらいとなり、ゲームの場合は②しか特徴付がしづらいと感じました。

仮に動画投稿をするのであれば、
日常のトレンド等を掴みやすいニュースとか雑記のジャンルの方が
優位になりやすいと考えます。
(例えばニュースを解説するとかの場合、時事ネタで検索する人がいるので)
ゲームは間違いなく難易度高い。

2.ゲーム実況に求められること

視聴者が求めているものを考える

ブログ運営にも言われるのですが、ペルソナの設定を行いました。
言い換えれば誰のための放送とするかを明確にしました。

ゲーム実況求めている情報視聴者が求めているものってそれぞれ違います。
今回自分はYoutubeを見るであろう年代、性別の違う3人にお話を聞いてみました。

40歳ぐらい男性の話

インディーゲーム等購入を迷っている場合に見ることがある
かなりゲームに詳しい方なのですが彼が求めている情報は
ピンポイントな攻略、判断のための情報なのですね。
他の動画は不要なので見ないそうです。

25歳ぐらいの男性の話

今はゲームをプレイする暇がないため、移動時間に動画を見ている。
面白そうならばプレイもする。好きな配信者はいる。
トークが面白く、ゲームをやりたくなる動画が好き。

20歳ぐらいの女性の話

配信者が好きだからみることがほとんど。
ゲームはプレイせず、お風呂上りや、家に着いた際等に見ている。
好きな配信者がおり、ライブに行ったらすごく楽しかった。

どうでしょう、なんとなく言いたいことのイメージがつかめるでしょうか。
この人たちって同じ実況者を見ているか?というとやっぱりみていませんでした

ペルソナとして
ターゲットの性別年齢、趣味、職業、住んでいる場所、どんな時に見るかぐらいは
考えてその人たちが喜ぶ情報を集めていくと、段々と登録者が増えやすくなると思います。
なんとなく自分で配信するゲームの方向も決めやすくなるので。

出来る限りターゲットは細かく設定したほうが良いと思います。

3.検索エンジン対策の最適化を考える

Googleの検索を意識する

YoutubeはYoutube内の検索以外にGoogleの検索にも動画として乗ります。
Googleからの流入も必ずありますので、特に初期についてはGoogleを意識することがよさそうに感じます。

動画の説明をしっかりと書く(タイトル+作者)
攻略ならば、細かいアイテム名なども意識して書く。

もし悩むようであれば、http://www.related-keywords.com/
関連キーワード検索などを利用してそちらで出てくるようなワードを説明に入れるといいんじゃないかな。弱いワードなら2語で検索されて出てくる動画の上位を取れるでしょう。

タイトル+αの部分そしてサムネイル

ここは勝負の場所なので、重視するべきだと思います。
Youtube、Google両方に影響が大きいです。
たくさんの動画が出た際にサムネイルとタイトル+αの文字が勝負です。
この文章は意識するのは感情を揺さぶるような言葉がいいと思います。

面白そう。なんだと(怒り)。ふざけるな。どういうこと?
興味を引くのに感情を利用するのは強いです。
文字数については見る限り30文字程度が多いですので、
Google検索に乗る限界いわゆる32文字を意識しようと思います。

サムネは画像加工アプリ(Photoshop等)もしくはCanvaを利用するのがよいかと思います。
(私はCanvaでやっちゃってます)。
ここはセンスなんだろうなぁ…。

ビッグワードとロングテールワード

ビッグワードとロングテールは意識してもいいと思います。

ビッグワード検索流入が多いもののライバルが多い動画
ロングテール検索流入は少ないけれども長い間生きる動画

ロングテールからの流入を増やして徐々にビッグワードでの順位を上げていくのが
一つの戦略になります。

動画においてロングテールがどのぐらい機能するのかなぁという気はしますが…。
料理の作り方とかはロングテールだと思うのですが
どんなのがあるか?と考えてみると難しいね。

ピンポイントの情報が好まれる

前述のとおり視聴者の時間は限られています。
例えばですがゲーム動画においても

〇の捕まえ方

〇の倒し方

といった情報は好まれると思います。
Googleも特定の情報を細かく書くものを高く評価する。といううわさがあり
アクセス数を増やすについて考えるのであればピンポントの動画を投稿するのは効率がいい気がします。
実況動画とは別ジャンルになる気がします。

4.確実にアクセスを稼げる方法を考えてみる

ライバルが少ない場所で戦う

需要が少なすぎるとあれなのですが、ライバルが少ない場所で戦うのはいいと思います。
やっているゲームの動画がなかったりすればそれはチャンスです。

あとは、スタートダッシュですね。
新規ゲームは情報が序盤少ないですので、需要があると思います。

トレンドネタ

流行りに乗っかるということです。
検索エンジンからの流入は流行りがあるときは必ず伸びます
例えばTwitterで流行っているものがあればそれを動画にすればアクセスも増えます。
もう一つはゴシップですね。週刊誌が何故存在しているかというと
人はゴシップネタが大好きなので。

この辺も感情を揺さぶるようなネタが強いと思います。
(お勧めしませんが、煽るようなのは多分強いです)

文字動画のアクセスが増えるのはすぐに作成できるのと、
トレンドの流入が大きいのが原因でしょう。

5.まとめ

上位の方はぶっちゃけこれぐらいは軽々意識して同じことをやっておられると
思います。0スタートで並ぼうとするのはめちゃくちゃ難易度が高いです。
ただ、意識していない人よりは有利だと思います。

あとは、基本的に考え方として主点をどこにおくかです。
ゲームを見てほしいならチャンネル登録者とかはいりません。
ゲームを好きな人が見てくれてアクセスだけで満足できます。
ゲーム実況をするということは実況をする人(自分)を好きになってほしい
んじゃないかと思います。
それに合わせた戦略が大事です。

インターネットのいいところは、自分を好きになってくれる、
ファンになってくれる、お友達になってくれる人と出会えることです。
100人に見て貰っても好きになってくれる人はいないかもしれませんが、
1000人に見て貰えば好きになってくれる人が一人ぐらいいるかもしれません

私は上記を意識して頑張っていきます。
言語化は頭がクリアになるので素晴らしい。

SONYの実況用マイクPCV80Uを買ったら結構イケボになった!

SONYさんの販売されているPCV80Uというマイクを購入したところ 気にしていたホワイトノイズや声質がかなり改善しました。 値段もお手頃なのに悩みがかなり解消されて嬉しかったのでご紹介です。

switch用キャプチャーボード「GV-USB3」のメリット

Nintendo switchを購入したため実況ができるようにキャプチャーボードを買ってきました。 ポケモンもスマブラも実況できる優れものGV-USB3のレビューです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。