福の神!ゴールデンゴールド不気味な地蔵

本の感想アイキャッチです

こんにちは、毎日瀕死マン@viwashi_です。

今日はkindleコミック「ゴールデンゴールド」のご紹介です。

kindleは価格の改定が頻繁に行われるため、必ず確認したうえでお買い求めください。
(間違ってしまった場合も連絡すればすぐにキャンセルしてくれますが)。

スポンサーリンク



どんな話なの?

瀬戸内海に浮かぶ小さな島「寧島」という場所が舞台になります。
事情があり祖母の家に引っ越してきて暮らす中学生女子、早坂琉花が
「フクノカミ」を拾ってしまい様々なトラブルに巻き込まれていく話になります。


フクノカミはこれです。うん、気持ち悪い

フクノカミはどんな存在なのか

初登場時は海辺に落ちていた気持ち悪い人形でしたが、
琉花に拾ってもらい、空き家の祠に収めてもらいました。
恐らく、これにより神力みたいなものが回復し神様?らしく
琉花の願いを叶えるために頑張ろうとしています。
といっても、言葉を発することはないですし(食事はする)、
島の人間にはお客さんとして受け入れられているのに
島外の人間には人形のような姿に見えるという不気味極まりない存在です。

実際にどんな影響がでるのか

お話のキモになってきますが、琉花の祖母は宿屋を展開しており、
フクノカミの影響で大繁盛します。
離島ですので小規模な宿屋だったのに気づけばいつも満室。
そしてコンビニエンスストアといった他業種にも手を広げていく
やり手のキャリアおばあちゃんになっていってしまいます。
そしてグループを作り島を発展していこうとさせます。
人が変わっていきます・・・。

つまり、皆がハッピーになる話

今のところ、ほとんどの人が損をしていません。
フクノカミについて貰えば皆お金が儲かるし良いことだらけです!
でもこの原因を知っている琉花にとっては非常に不気味な状況であり、
お金はどんどん人を変えていきます。

どうやればフクノカミから離れられるか・・・
試行錯誤をしていくこと、フクノカミはなんなのか?のお話になります。

最後に

島の発展と共に登場人物が増えてくると
フクノカミの異質性に気づく人も増えてきます
地理的な歴史の解釈をしてみたり、
フクノカミという存在、キャラクターに色が付くのがとても面白いです。
お金が増えるのに幸せになるとは限らないって怖くないですか?
フクノカミの解釈する琉花の幸せってなんでしょう。
フクノカミは本当にいい人なの?

kindleは価格の改定が頻繁に行われるため、必ず確認したうえでお買い求めください。
(間違ってしまった場合も連絡すればすぐにキャンセルしてくれますが)。