K2ph(1k2)について

k2phアイキャッチです

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

コインエクスチェンジでトレード可能なK2phについて調べていきます。

目次

1.K2phについて

2.通貨の目的

3.感想

4.まとめ

スポンサーリンク



1.K2phについて

正式名:K2ph(1k2)

公式サイト:http://k2phcoin.com/index.html

Twitter:なし(2018年9月19日現在)

ホワイトペーパー:なし(2018年9月19日現在)

ビットコインフォーラム:なし(2018年9月19日現在)

ジェネシス日:2018年4月頃?

発行枚数:不明/5億枚

種類:独自規格

承認形式:Proof of stake

承認速度:不明

特徴:金銭価値が保証されるとする通貨?

2.通貨の目的

仮想通貨は新規発行が続いていてトレーダーは買うこと、使うことを躊躇ってしまいます。
何故ならこれらの通貨は簡単に発行することが出来、小規模な個人が発行主体となります。
そのため、価値があっという間に0に近づいていってしまいます。

K2phは買戻しをすることで価値を保証する。
だ、そうです。

3.感想

まず、買戻しは買い戻すための資産の問題がありますので、この通貨を発行している人が
どんな人かを知る必要があります。
ですが、検索したものの情報がみつかりませんでした。

ブロックチェーンエクスプローラー:http://k2ph.chain.theapi.co/

4月にはもう存在し、マイニングしてたみたいです。

ビットコインフォーラムはなし、
coinexchange上はあるとされるGitHubは404でした。
情報としてはホームページだけになります。
ツイッター上でK2phの検索をしたところ、上場ニュースぐらいで
公式Twitterはなく、またK2phについて呟いている人はいません。

かなり小規模でマニアックな通貨となりそうです。
買い戻すための資産やルールがわからないためなんともいえないですね。
一応ウォレットにいれておくと年利10%増えるそうです。

情報が少なすぎる、所詮草コインというところであまり期待は出来そうにないです。

4.まとめ

情報が非常に少ない通貨です。
もしかするとここから大化けする可能性はあるかもしれません。
情報が追加されることがファンダになる可能性もあります。
投資のタイミングとしてはその辺りを検討することになりますが、
運営の保有率が異常に高そうですので注意は必要です。

名前が、かっこいいですね。

<取引所はこちらからどうぞ>
Coinexchange

草コイン大好きな人なら登録している取引所 Coinexchangeの登録方法です。メールアドレスさえあれば 高速で登録可能です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。