握れStronghands!!!

stronghands(SHND)のアイキャッチです

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

仮想通貨と筋肉といえば・・・。
そうStronghandsです!!!!
Coinexchangeでトレード可能です。

目次

1.Stronghandsについて

2.通貨の目的

3.感想

4.StrongMasternodeについて

5.まとめ

スポンサーリンク



1.Stronghandsについて

正式名:Stronghands(SHND)

公式サイト:https://www.stronghands.info/

元公式サイト:http://stronghands.github.io/

Twitter:https://twitter.com/shndofficial

ホワイトペーパー:まだなし

ビットコインフォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2709780.0

ジェネシス日:2015年9月頃

発行枚数:15兆9740億枚/無限

種類:独自規格

承認形式:Proof of stake(POS)

承認速度:2.5分

特徴:握りしめる通貨

運営による更新のないdeadcoin状態でしたが、有志によりプロジェクトが再稼働しています。
そのためホームページなどが変わっています。

2.通貨の目的

POSによる安定した安価なネットワーク。
Stronghandsが好きな人のためのファントークン。

当初POS報酬が月利2倍程度と高配当となっていました。
今は、新運営がスワップをして月利50万枚に抑えられています。

3.感想

元々は、安易に売買される仮想通貨に対して握りしめているうちに高騰するから
最後まで握ろう!という握力を試すための通貨でした。
握力を試す!鍛える!面白いです!!!

高配当POSのため枚数が16兆枚近くなってしまっており、
価格が付きづらくなってしまっていること、過去の運営が生きていないこと、
ファンコミュニティが大きくなっていることから需要があり
ハードフォークによってPOS報酬を調整しました。

価格的には枚数が余りにも多く上値は重いこと、プロジェクトの期間が長く、
ウォレット内に冬眠している大量のSHNDが存在しているため
大きな価格上昇は厳しいと思います。

4.StrongMasternodeについて

正式名:StrongMasternode(SHMN)

公式サイト:https://www.stronghands.info/masternodes/

元公式サイト:http://stronghands.github.io/

Twitter:https://twitter.com/shmnofficial

ホワイトペーパー:まだなし

ビットコインフォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2709780.0

ジェネシス日:2018年8月15日

発行枚数:66.9万枚/1500万枚

種類:独自規格

承認形式:Proof of stake(POS)+マスターノード

承認速度:3分

特徴:カイゼンをしていく通貨

ハードフォークの同時期にStrongMasternodeという
マスターノード通貨にスワップも実施しています。
スワップ比率は500万SHND/1SHMN
1,000枚からマスターノードになれるようです。
価格は今の段階だとスワップしない方が正解だった感じかな?

5.まとめ

とても草コインらしくて楽しいですよね!
安価なおかげで誰でもたくさん持つことができます!
人に投げて遊んだりしている人も結構いますよ!

投資的価値は厳しいと思われますが、
握力を鍛える!人に気軽に投げれるっていうのは
遊ぶための条件としてはしっくりきます。
こんな通貨があると世の中面白くなるのでいいと思います。

Dogeは最小単位の利便性がある通貨として使われていますが、
Dogeで評価できない通貨がでてきたとき、SHNDが活躍する日がくるかも?
面白いですね。
コミュニティの強い愛される通貨は生き残ります!

<取引所はこちらからどうぞ>

草コイン大好きな人なら登録している取引所 Coinexchangeの登録方法です。メールアドレスさえあれば 高速で登録可能です