CatoCoinについて!

catocoinについて

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

Catocoinについて調べてみました。

目次

1.Catocoinについて

2.通貨の目的

3.感想

4.まとめ

スポンサーリンク



1.Catocoinについて

 正式名:Catocoin(CATO)

公式サイト:https://catocoin.net/

Twitter:https://twitter.com/catocoin

ホワイトペーパー:https://catocoin.net/assets/images/catocoin-white-paper.pdf

ビットコインフォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=4532077.0

ジェネシス日:2018年6月

発行枚数:92万5205枚/4200万枚(プレマイン40万枚)

種類:独自規格

承認形式:Proof of Stake (+マスターノード)

承認速度:60秒

特徴:マスターノードの革命を起こす通貨

2.通貨の目的

マスターノードの通貨は、コイン作成時に配当率を予測して定めます。
通貨の価値を維持しなければならないことを考えると、
どんな速度で、どれだけの配当を出すかを最初に予測することは
非常に難しいです。
CATOはマスターノードの数に合わせて決めることが出来ます。
これは次世代のマスターノードのシステムになるそうです。

需要と供給でマスターノード通貨は後になればなるほど報酬は売られ、
マスターノードの希望者は減っていきます。
そのため価格は崩れてしまうのがマスターノードの問題点なのですが、
コントロールされるので安全になる。ということです。

3.感想

この通貨はマスターノードについてしか記載がありませんでした。
多少画期的なシステムでのマスターノードとなったとしても
利用方法の視野が狭い気がします。
通貨として使われるとか、何かを支援したいとか。そういう記載が見つかりませんでした。
そうすると需要は「マスターノードをすること」となります。
目的がないため、彼らは何のためにマスターノードをして増やすのか?
目的のない電子データを増やす、配る。そういう遊びもあると思いますが、
建前だけでも目的がある方が投資対象としては魅力が出ます

4.まとめ

通貨としての目的がないので、微妙と感じます。
多少擁護してもマスターノードを前提とした決済通貨、チップ通貨だと思います。
欲しい人がいなきゃ電子データが増え続けるだけですので、
マスターノードだけで価値を維持するというのは難しいと思います。

<取引所はこちらからどうぞ>

草コイン大好きな人なら登録している取引所 Coinexchangeの登録方法です。メールアドレスさえあれば 高速で登録可能です