Bitmarkについて

bitmarkアイキャッチ

こんにちは、毎日瀕死マン@hoboshibouです。

ネタ探しにクリプトピアを見に行って拾って帰ってくる
そんな感じの毎日です
それではBitmarkについてです。

注意:Cryptopiaは2019年1月15日ハッキング被害にあっています。ご注意ください。

目次

1.Bitmarkについて

2.通貨の目的と感想

3.まとめ


スポンサーリンク



1.Bitmarkについて

正式名:Bitmark(BTM)

公式サイト:http://www.bitmark.io/

Twitter:https://twitter.com/ProjectBitmark

ホワイトペーパー:ホームページ上にページはあるものの意味のない文字の羅列

ビットコインフォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=660544.0

ジェネシス日:2014年6月頃

発行枚数:939万枚/2760万枚

種類:独自規格

承認形式:Proof of work

承認速度:120秒

特徴:マーキング(評価)をブロックチェーンに記録するプラットフォーム通貨


2.通貨の目的と感想

新しい社会の評価システムを作ることを目的としています。
Bitmarkのブロックチェーン内にマーキングという物を発行できる?
記録できる通貨のようです。
マーキングとは評価とか口コミやレビューのことです。
ブロックチェーンは改変が不可能であり、第三者から閲覧可能です。
そうした中で、他人に改変できない発言、レビューは需要があると言えそうです。

例えば、先日Twitter社が偽アカウントの削除をして話題になりました。

ツイッターが偽フォロワーを大量に消した理由

https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018072560451.html

嘘のフォロワー等で水増しをして正しくない評価を勝ち取ろうとする人や
それを売買する人たちがいることは、Twitter自体の価値を損ないます。
「評価」の公平性というのは経済的価値があると言えると思います。

最終目標は世界で共通した評価のシステムを作るようなイメージですかね?
「イイネ」の進化系みたいな・・・。
抽象的で、難しいです。触ってみないとわからないかも。
需要がありそうな気はしますが、大変そうです。

仮想通貨ですでに4年プロジェクトをしているのはわりと長期間だと思いますが、
あまり結果はついてきていなそうです。
Twitterは現在も稼働中ですので、プロジェクトは継続していそうです。
ですが、ホームページにはホワイトペーパーはなかったりと
運営の人数が少ない?、手が回っていない場所がありそうです

2018年の6月にはハードフォークを実施。
採掘のアルゴリズムを元々Scryptというアルゴリズムだったのを
Sha256とか含めて8種類に対応という形に変更したようです。
恐らくASIC耐性がなくなりました、ASICを持っていない人は掘り辛くなったと思われます。
(それでフォーラムでは揉めていました)。


3.まとめ

プロジェクトに時間をかけすぎています。
本来ならばもうある程度成果がでてないとおかしいです。
プレマイン無しをうたっていますので、運営に資金がないと思われます。
4年やって成果が出ていないのは、厳しいですが、
この先成果を出すのは難しいと思います。

通貨の価値としては投機的な側面がどの程度あるかですね。
今回の、ハードフォークは特に材料になっていないようです。
今の価格は過去最高レベルに安いです、
そろそろPUMPの対象になる可能性はあると思います。
ただ、通貨自体には期待はしづらいので投資するかというと難しいです。

<取引所はこちらからどうぞ>

仮想通貨取引所Cryptopiaの登録方法 最新の情報を画像付きでまとめました。 通称 魔界

(クリプトピアはハッキング被害にあい登録不可能、トレード不可能となってしまいました)。