APISを買わなかった理由

こんにちは、毎日瀕死マン@viwashi_です。

今日はAPISを買わなかった理由です。

APISが凄い良いチャートになってるんですよ。
これは伸びる!!!的な。

その中で買わないという選択をした理由を書きます。

APISはマスターノードの仲介をする通貨である。
これでした。

APISは
ノードをすることで手数料が貰える通貨ががあります。
条件として一定以上の枚数が必要で、それは高額です。
個人の投資家ではマスターノードになることは難しく
その人たちがマスターノードの権利を持つために分散しよう
という発想のためのトークンです。

枚数が50億枚程度であり、
価格的には2,3円はいけるんじゃないかな?という印象を受けました。
プロジェクトも投資家にとって必要になると思います。
世の中シェアですから。

現状はこんな感じ。
①まだプラットフォームが完成してない。
②マスターノードは多くの通貨で決して好調ではない。

プラットフォームはしょうがないと思います。
ただ②のマスターノードは色んな通貨でマスターノード分を抱
えてるなら売ってしまった方が良かった!
なんて話が結構あります。
通貨の下落リスクをペイできるほどの優良銘柄が少ないです。
100万円のA通貨を買う→1年に20%増える!

1年後
60万円になってしまった→12万円しか増えてない・・・。
120万円になることを想定していたものの72万円になってしまう。
みたいなことが結構あるというお話を伺っています。
具体的には12,1月からの下落がひどいんですけどね(笑)

APISは需要は絶対にありますが恐らく利率があまりよくないです。
通常のマスターノードできる人の仲介になるので
通常のマスターノードから中間マージンが抜かれる程度の利率になります。

そうすると集まった金額よりは安くなるわけで・・・。
あんまり期待できないんじゃないかなあと思ってしまいました。
5万枚、50万枚といった比較的少額で不労所得に参加できるのは魅力ですし、
需要は絶対にあります。
ただ、買うなら落ち着いてからでいいかな。と思った次第です。
良い銘柄だと思ってます。マスターノードならがっつり拘束される覚悟で。

公式HP:https://apisplatform.io/

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。